体の情報

【2019年】夏に起こりやすい膀胱炎(ぼうこうえん)/その原因と対策

(この記事は2019年8月20日時点の情報です)

こんにちは、けるとも(@kerutomo)です。

この記事はこんな方におすすめです

・最近何度もトイレに行きたくなる
・残尿感が残る事が多くなった
・排尿後に痛みがある

今回は、夏に起こりやすい「膀胱炎(ぼうこうえん)」についてみていきます。
サクッと短めにまとめてますので読んでみて下さい!

この記事を書いている私は、

・10年以上医療関係の仕事に従事
・毎月1000人以上の方に健康や飲み薬の提案をしている
・登録販売者という資格を取得
・セルフメディケーションについて日々勉強している

それではいってみよー!

【2019年】夏に起こりやすい膀胱炎(ぼうこうえん)/その原因と対策

はじめに膀胱炎とは、膀胱に炎症が起こり、尿をためたり、排尿するという膀胱のはたらきに支障が出てしまう病気です。そのほとんどは、細菌が感染することで、膀胱に炎症が起こります。

ぼうこうえんの主な症状

1)何度もトイレに行きたくなる
炎症によりぼうこうが過敏になり、まだ尿をためられるのに、脳に排尿のサインを送ってしまう事で、すぐにトイレにいきたくなる。

2)残尿感
尿を出したばかりなのに、全部出し切っていない感じが残る。これは膀胱が過敏になっていることで起こりやすいです。

3)排尿後に痛みがある
排尿する前や、終了後に「ツーンとしたしみるような痛み」を感じる。

4)尿が白く濁ったり、血がまじることがある
細菌により膀胱のねんまくが傷つけられ、尿に血がまじる。また、細菌と戦った白血球が尿から出てくることで尿が白くにごる

原因

主な原因は、普段、無菌であるはずの尿道や膀胱などに菌が入る事です。また、女性の場合、肛門からの大腸菌が原因である場合が多いと言われています。

体力がある時は尿道から膀胱へ菌が入ろうとしても防御機能があるので菌と戦えますが、身体の免疫力が低下している時は、防御機能も低下し、症状が起こりやすいと言われています。

<女性に多い理由>
男性と比べ尿道が短い
男性は尿道が約20センチありますが、女性は4~5センチしかありません。このため、肛門などが尿道口に近く、菌が入りやすくなります。このため、膀胱に炎症が起こりやすいと言われているんです。

身体が冷えるから
エアコンや冷たい物でおなかが冷え、膀胱内の温度が32℃以下になると細菌が感染、繁殖しやすくなります。また、冷える事で、膀胱周辺の機能も鈍くなり、トイレに行く回数が減ってしまう事も原因と言われています。

対策

対策としては、膀胱に入った細菌が原因のため、「菌を出す」「菌を入れない」「免疫力を低下させない」が基本です。

菌を出す ⇒ 膀胱内にいる「菌」を出す
菌を入れない ⇒ 患部を常に清潔に保つ
免疫力を低下させない ⇒ 睡眠不足など、体調管理を心がける

アドバイス

水分をたっぷり摂ろう
トイレに行く回数を増やすことで、膀胱内の細菌を外に出す。
トイレを我慢しない
おしっこを我慢して膀胱の中に尿をためると、細菌が繁殖しやすい状況に。こまめに排尿すれば、細菌がいても感染する前に外へ洗い出すことができる。
エアコンや冷たい物でおなかを冷やさない
お腹を冷やすことで、膀胱粘膜の防御力が弱くなり細菌が繁殖しやすくなります。身体を温めるものを意識して摂ったり、難しい場合は、腹巻きなどもおススメです。

おススメの漢方薬3つ

<急性の場合>猪苓湯(チョレイトウ)

症状:尿が減る、痛みがある、濃い色の尿、血尿
効果:利尿作用により、感染した雑菌を洗い流してくれる。止血、排尿痛防止
生薬:【利尿】チョレイ・タクシャ・ブクリョウ
⇒水分代謝を調整、排尿を促し菌を外に洗い流す
【抗菌・抗炎症】カッセキ
⇒痛みの原因となる膀胱、尿道の炎症を改善
【補血・止血】アキョウ
⇒止血作用、血流を改善、傷ついた組織を修復

<慢性の場合>五淋散(ゴリンサン)

症状:排尿の最後にツーンと痛む、トイレの回数が増える、冷えを伴う
効果:痛み(炎症)を抑え、尿の量を増やして菌を押し流す
生薬【利尿】タクシャ・ブクリョウ・シャゼンシ・モクツウ
⇒水分代謝を調整、排尿を促し菌を外に洗い流す
【抗菌・抗炎症】カッセキ・サンシシ・オウゴン
⇒痛みの原因となる膀胱、尿道の炎症を改善
【補血・止血】ジオウ・トウキ・シャクヤク
⇒止血作用、血流を改善、傷ついた組織を修復

<迷ったらコレ>腎仙散(ジンセンサン)

症状:幅広い症状
効果:利尿、抗炎症、鎮痛作用など
生薬:15種類の生薬により、幅広く対応。ムクミにも効果あり

まとめ

いかがでしたでしょうか。膀胱炎の原因は、尿道や膀胱などに菌が入る事だったんですね。特に女性の場合は尿道がみじかい為、男性に比べ膀胱炎にかかりやすくなります。

気を付けたい点として、下記が大事になります。

①水分をたっぷり摂ろう
トイレに行く回数を増やすことで、膀胱内の細菌を外に出す。
②トイレを我慢しない
おしっこを我慢して膀胱の中に尿をためると、細菌が繁殖しやすい状況に。こまめに排尿すれば、細菌がいても感染する前に外へ洗い出すことができる。
③エアコンや冷たい物でおなかを冷やさない
お腹を冷やすことで、膀胱粘膜の防御力が弱くなり細菌が繁殖しやすくなります。身体を温めるものを意識して摂ったり、難しい場合は、腹巻きなどもおススメです。

特に今は気温も高く、エアコンもガンガン使用する事も多くなっているので、特に注意しないといけません。今回紹介した漢方、特に腎仙散は重宝しますのでぜひ試してみて下さい!

お時間です、さようなら~!

ABOUT ME
けるとも
けるとも
【副業と出会い脱・社畜な男】雇われ脳から覚醒リーマン社畜管理職で気付いた会社の軸のブレ加減に嫌気→何か変えたいと始めたブログがやりがい→6月13日ブログ開設→1週間4記事でアドセンス合格→考え方180度一変ゆとりある生活を手に入れるブログ→初心者でも出来るブログ運営/副業情報を発信医薬品販売員の正しい健康情報/Twitterでは謎の「おはモーニン」ツイートを毎朝お届け中!