雑記

知っていますか?「名もなき家事」トップ10ランキング/目に見えない家事/モヤモヤ解消には話し合いも大切です

2019年9月28日更新

こんにちは、けるとも(@kerutomo)です。

然ですが、みなさんは「名もなき家事」ってご存じですか?先日、なんとなくテレビを付けると、「名もなき家事」を題材にした内容が取り上げられていました。なんだこれ?こんな事も家事なんだ、と。

とても考えさせられる内容で、衝撃を受けたんですね。恥ずかしながら、私はそれまで、「名もなき家事」…?聞いたことも無ければ、どちらかというと家事に対し、あまり興味はなく、どこかで、家事なんて当たり前でしょ?とさえ思う人間でした。(はい、最低ですね。。)

そんな私も今年に入り、ようやく家事の大変さ、大切さが分かるようになり、皿洗いや、食事の支度、風呂掃除など、ほんの一部ですが自分でやるようになりました。

今回は、私も含め、普段、家事をしていない方は、「名もなき家事」の存在、家事に対しての意識を少し変えてみませんか?

そして今日から実践していただきたいです!

名もなき家事:夫と妻の意識の違い

少し前まで、男は「外仕事」、女は「家事・育児」と、何の根拠もなく分かれていたように思いますが、今では当たり前となった共働き。しかし、古い習慣の名残か、夫と妻の家事に対する意識の差に大きな開きが・・・

2017年に、大和ハウスが実施した、共働き夫婦の「家事」に対する意識調査によると、

共働きの夫婦に家庭での家事負担の割合を聞いたところ、妻の認識では、「夫1割:妻9割」(37.3%)がトップ。次が「夫2割:妻8割」(22.3%)で、「妻10割」(17.7%)と「夫3割 : 妻7割」(11.3%)を加えると、妻の88.6%が「自分の家事負担が7割以上」と回答。夫を含めた全体でも、80.9%が「妻の家事負担が7割以上」と回答しており、共働きにもかかわらず、圧倒的に妻の家事負担が多いことがわかりました。
夫の回答でも妻の家事負担の方が多いという結果でしたが、夫の1位は「夫3割:妻7割」(27.0%)で、妻が思っているよりも「自分はやってる」と思う夫が多く、夫婦間で大きな意識の差がありました。
また、年代別にみると、夫の年代が上がるにつれて妻の負担率が高くなっており、特に40代男性では「夫1割 妻9割」(32.0%)が最も多く、妻に家事のほとんどを依存している傾向がみられました。

大和ハウス工業より引用

家事に対する妻の認識「夫1割・妻9割」に対して、夫の認識「夫3割・妻7割」

どうですか??実際に私の認識はというと、3割とまでは言わないですが、少なく見積もって、2割くらいは出来てるかな?と思ってました。と、言う事で思い切って妻に聞いてみました。

けるとも
けるとも
今の家事の割合ってさ、3割くらい出来てるよね?
嫁さん
嫁さん
は?何言ってんの?1割も出来てないじゃん
けるとも
けるとも
え?そうなの?どして・・・?

はい…

ということで、私の家庭にもこれだけ意識の差が生まれてました。とんだ勘違い野郎でしたね。訂正してお詫びいたします。

そもそも「名もなき家事」って何?

名もなき家事と聞いても、ピンとこない方も多いのではないでしょうか?家事という言葉で思いつくのが、洗濯・掃除・食事の用意などですね。これがいわゆる、「名がある家事」といいます。

けるとも
けるとも
知らなかったー
嫁さん
嫁さん
もう少し勉強しなさい!

大和ハウスが名もなき家事30項目をリスト化したのがこちら。

  1. 溜まったごみを捨てる
  2. アイロン掛けをする
  3. 食事の献立を考える
  4. ベッドや布団を整える
  5. 飲みっぱなしのグラスを片付ける
  6. 調味料を補充・交換する
  7. 新聞・雑誌などをまとめて捨てる
  8. 食事の前に食卓を拭く
  9. ポストに入っていた不要なチラシを捨てる
  10. 玄関の靴をそろえる
  11. 子どもの学校の準備/子供の勉強を見る
  12. 脱ぎっぱなしの服をクローゼットやタンスにしまう
  13. 子どもの送り迎えをする
  14. 手洗い場のタオルを取り換える
  15. 子どもの食事を手伝う
  16. 子どもと会話する
  17. 使い切ったティッシュを取り換える
  18. 朝、カーテンを開け、夜、カーテンを閉める
  19. クリーニングに出す、取りに行く
  20. トイレットペーパーがなくなったときに買いに行く
  21. 食べ残しの食品を冷蔵庫にしまう
  22. 使った道具を、元の位置にきちんと片付ける
  23. 郵便物をチェックする
  24. ペット・植物の世話をする
  25. 町内会やマンションの会合に出席する
  26. ごみを分類する
  27. 靴を磨く
  28. 古くなった照明の交換
  29. 朝刊・夕刊を取りに行く
  30. 家電製品の選定・購入・設置する

大和ハウスより引用

ざっと30項目ありますが、ここに書かれている事以外にも、名もなき家事というものは、山のようにあります。ちなみに、1~26項目までは、妻が夫より、実施する回数が多い項目だそうです。

と、いうことは、夫は、ほぼ27~30項目しかやっていないと言う事ですね。妻が9割家事を負担しているというのも納得ですね。

私も含め、そもそも、「名もなき家事」を「家事」として認識していない、「家事」だと思っていない人が多いみたいですね。

▼今日から意識してほしい事①
「名もなき家事」=「家事」である事

27~30項目以外でも、率先してできることは必ずあると思います。例えば、3の食事の献立を考える。

今日何が食べたい?と聞かれた場合、私の場合は気を使って、「何でもいいよ」と答えますが、これが一番困るみたいです。これも、夫と妻の意識の差ですね。

気を使って、良かれと思って口にした言葉でも、妻にとっては負担となってしまう・・・ん?まてよ?こういう事って意外と多いかも・・・みなさんも考えてみてください。

まずは現状を把握する事から始め、家事について見直してみることが大事ですよ!私も偉そうなことは言えませんが、日々見直すように心がけてます。

「家事」に休まる日はない

名もなき家事を含めた家事は、妻が9割負担している事は、大和ハウスの調査でも分かっています。そもそも家事は、誰の仕事でもないのです。妻が率先してやってくれているのです。

休みの日でみてみると、妻は朝から、掃除に洗濯、食事の用意 + 名もなき家事に追われています。

一方、夫は、「家事」や「名もなき家事」をやるのは妻と、一方的に決めつけ、朝からだらだら、起きたかと思えば、パジャマは脱ぎっぱなし、〇〇どこにある?あれ?ここに置いといた〇〇知らない?

知らんがな!

時には怒りになり、ストレスとなります。当たり前です。家事に休みはないのです。常にフル稼働。まずは、この事を分かってください。

▼今日から意識してほしい事②
家事=誰の仕事でもない

「名もなき家事」TOP10ランキング

大和ハウスの調査で明らかになった、ランキングをご紹介します。投稿の多かったものをランキングしてるみたいです。納得、共感するものから、意外なものまで様々です。

 第1位 裏返しに脱いだ衣類・丸まったままの靴下をひっくり返す作業

けるとも
けるとも
今はしてませんが、しょっちゅう怒られてました

第2位 玄関で脱ぎっぱなしの靴の片づけ・下駄箱へ入れる/靴を揃える

けるとも
けるとも
こうならないように、仕事用で1足、休日用で1足しか持ってないので、 散らかる事はないけど、靴は脱ぎっぱなしになってるな・・・

第3位 トイレットペーパーの補充・交換

けるとも
けるとも
つい先日やりましたよ!意外と大変でした・・・

第4位 服の脱ぎっぱなしを片づける・クローゼットにかける/脱ぎ捨てた服を回収して洗濯カゴへ入れる

けるとも
けるとも
クローゼットにかけるのがめんどうで出来てません・・・ 気を付けよう

第5位 食事の献立を考えること

けるとも
けるとも
何でもいいよは言わないように心がけてます!

第6位 飲み終わったコップやペットボトル・空き缶を片づける/洗う

けるとも
けるとも
極力やるようになりました。少し前まではそこら中に放置してたような・・・

第7位 子どもが散らかしたオモチャなどの片づけ

けるとも
けるとも
子供がいないのでよく分かりませんが、大変みたいですね

第8位 シャンプー・洗剤・ハンドソープなどの補充・詰め替え

けるとも
けるとも
なかなか出来てませんが、気付く努力はするようにしてるつもりです

第9位 資源ゴミの分別・仕分け

けるとも
けるとも
これは完全にまかせっきりになってました。見直します

第10位 お風呂や洗面台の排水溝に溜まった髪の毛を取り除く/ お風呂の排水溝の掃除・網変え

けるとも
けるとも
台所の排水溝ネットは取り換えるようになりましたが、あとは全滅ですね

大和ハウスより引用

みなさんはどうでしたか?私はほとんど出来てませんでした!知らない間に、これだけの家事をやってくれていたんですね。

こんなにたくさんのことを抱えていたら、精神的に不安になる気持ちや、イライラすることがあっても当然なのです。

話し合いが大事です

とはいっても、仕事も違えば家庭の事情も違うので、やはり、人それぞれ思うところもあり、意見、主張もあると思います。

妻から夫に対して思う事

①家事=手伝うものという根本意識がある。

②洗い物や掃除をやってもらっても、洗い残し、ゴミが残っているので仕事が増える = 当事者意識がない

夫が妻に対して思う事

①せっかく家事をやっても褒めてくれないし、ダメだしばかりされるからやる気も無くなる。

②カリカリ・イライラしてることが多く、黙ってそっとしておこうと思う

挙げればきりがないですが、それぞれ思うこともあります。人間なので当たり前なのです。まずは、名もなき家事について、夫婦で話し合うところから始めてみませんか?一方的に決めつけるのではなく、会話をすることで、お互いに思ってることも分かりますし、意識も上がり、心の不安も少し解消されるのではないでしょうか。

それが、思いやりに変わり、信頼、尊敬も生まれるのではと思います。そして、何より、暮らしも豊かになるとおもうんです。

▼今日から意識してほしい事③
決めつけはNG!まずは少しずつ実際に行動してみる!

6.名もなき家事まとめ

①「名もなき家事」も立派な「家事」である
大前提として、家事に終わりはない、無限にあるという事を考えましょう。

②家事=誰の仕事でもない
手伝ってあげてる・せっかくやってあげたのに・・・はダメですよ?褒めてもらおうと思わない。常に、個人商店主のような気持ちを持ち、当事者としての自覚を持ちましょう!

この家に住んでいる住人として当たり前なのです。決めつけない!まずは行動してみて理解するお互いに決めつけないことが大事。

夫が家事をやっている時は、褒めるのも一つの手です。あなたから見れば当たり前の事のように思うかもしれませんが、そこはぐっと、こらえ、心を落ち着かせて、嘘でもいいからありがとうと言ってみてください。

まずは、行動に移した事を評価してみませんか?仕事が増えてもいいじゃないですか?人間なので失敗もありますが、徐々にコツをつかんでくるものです。長い目で見てあげてくださいね。

お時間です、さようなら。

ABOUT ME
けるとも
けるとも
【副業と出会い脱・社畜な男】雇われ脳から覚醒リーマン社畜管理職で気付いた会社の軸のブレ加減に嫌気→何か変えたいと始めたブログがやりがい→6月13日ブログ開設→1週間4記事でアドセンス合格→考え方180度一変ゆとりある生活を手に入れるブログ→初心者でも出来るブログ運営/副業情報を発信医薬品販売員の正しい健康情報/Twitterでは謎の「おはモーニン」ツイートを毎朝お届け中!