体の情報

口臭の原因は舌だった!?~口腔ケア、老いは舌から始まる~

こんにちは、けるとも(@kerutomo)です。

撃事実!実は、口の中は、肛門よりも汚い、といわれてるのはご存じですか?今となっては、誰もが当たり前にやっているハミガキ。今では、ハミガキ以外にも、液体ハミガキや、寝る前に舐めるだけタブレットなど、口腔ケア商品と呼ばれる商品もたくさん出てきましたよね。

最近では、手磨きから、電動歯ブラシに変えた方も多いのではないでしょうか?冒頭にも書きましたが、口の中は肛門よりも、たくさんの細菌が存在します。正直、手磨きだけで清潔に保つことは難しいのが現状です。なので、口腔ケア商品が増えてるんですね。

今回は、口腔ケアの中でも、『舌ケア』という部分に着目しみていきたいとおもいます!

それではいってみよー!

舌ケア、老いは舌から始まる

私たち人間の口の中には、常に唾液(だえき)などの水分があります。食べ物を食べたり飲んだりする器官なので、様々な細菌や汚れが発生する可能性は高くなります。でも、生きていくためには、残念ながら避けることはできません。

口の中で、トラブルが起きてるかどうかを見極める方法があります。それは、『舌苔(ぜったい)』です。歳をとると、本人が気付かないうちに、舌が舌苔(ぜったい)で、真っ白になっている事もあります。

舌苔って何?

正常な舌苔、異常な舌苔

舌苔(ぜったい)は、舌に付着する白い苔状のもの。
舌の上皮が伸びたものに細菌や食べカス、粘膜のカスが付着したもののこと。ストレスなど心身系の原因のほか、疫力が低下したり、消化器系の疾患によっても見られるようになるので、その判断の指標にもなる。
また溝状舌の場合は舌苔がたまりやすい。口臭の原因となることもある。従来は除去を勧める歯科が多かったが、現在では自然な生体反応の一つであると考え、また舌粘膜の保護の観点から、物理的除去よりも根本原因の解決を図ることが多い。除去の方法としては舌ブラシなどがある。
舌の細胞は非常に敏感で、空気中に数秒触れるだけで白っぽく変色する。この変化は正常なので、ブラシ等で擦っても取れることはなく、健康な細胞を傷つけてしまうことになる。正常な舌は、口内の上部に常に当たっているのが普通で、この場合は自然に汚れが落ちるが、舌の筋力が低下している低位舌の場合、舌が上部に接触していないので、汚れがこびりついてしまうことが考えられる。

ウィキペディア より引用

正体は、舌の表面にある角質の隙間に溜まった細菌や汚れ、舌表面の隙間に細菌や汚れが溜まり、舌が白くなってしまったもので、白い部分が苔(こけ)のようなので『舌苔(ぜったい)』と呼ばれる。

舌苔は病気じゃない

舌苔は細菌のかたまりといっても、舌苔ができるのは舌が正常に働いている証拠!ある程度の舌苔であれば、口の中は正常な状態であるといえるんです。

正常な舌苔・・・舌の外側や先端がピンク色で、真ん中にうっすらと舌苔がある状態。
異常な舌苔・・・舌全体が真っ白になり、厚みのある絶対に覆われている状態。

また、まったく舌苔がなかったり、所々、剥がれていたりする状態も。何らかの栄養が不足してたり、消化器官などの不調が考えられます。

舌苔は、歯垢と同様に、細菌の温床であり、厚くなった舌苔は、味を感じる、『味蕾(みらい)』を覆うため、健全な味覚を阻害する可能性もあります。最近、味覚がおかしいな?と、感じる方は、もしかしたら舌苔が関係してるのかもしれませんね(笑)

異常な舌苔がもたらす症状

口臭

舌苔は、食べ物のカスや口の中の細菌、代謝産物、舌の剥がれ落ちた細菌などから出来ているため、硫黄水素が発生し、口臭の原因となります。

口臭気になる君
口臭気になる君
あれ?舌苔は健康な人にもあるんじゃなかったっけ?
けるとも
けるとも
その通り!舌苔は健康な人にも付着してるんだよだから、異常な量でなければ口臭になることはないよ

この舌苔が口臭を発生させるのは、口の中が不衛生で細菌などが異常に発生していることが原因と言われます。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

舌苔のもっとも大きな原因は「細菌」です。舌苔が白くみえたり、黄色や茶色、時には灰色にみえたりするのは、色素を作りだす細菌が舌の溝に入り込んで溜まるためです。舌苔が付着しているのは、細菌が多く存在する状態です。

唾液とともに細菌を誤嚥(ごえん)したり、剥がれた舌苔を誤嚥したりすると、誤嚥性肺炎のリスクが高まります。
※誤嚥・・・異物を気管内に飲み込んでしまう事

舌苔が増える原因

最近のかたまりである舌苔。異常に増える原因は様々です。

▼主な原因
唾液分泌量不足

免疫力の低下
口呼吸
ハミガキの不足
喫煙
ストレス
薬の副作用
新陳代謝の低下
全身的疾患
加齢

口腔内には、約600種類以上の菌が存在しているといわれますが、そのうち6割以上が舌に存在し、病原菌の温床となっています。

舌のケアは大切です

口内環境の改善には、口内に占める面積が大きい、「舌のケア」が重要です。口腔ケアは、歯や歯茎への対策だけおこなってればよいというわけではないんです。舌の上には口内細菌の多くが集まっており、これが口臭の原因にもなります。

もはや、歯を磨くだけでは、舌苔は落ちません。だからと言って、歯ブラシで舌を磨くと、傷ついて味覚などに影響がでるので、専用の舌ブラシやクリーナーを使用することをおススメします!

舌をケアすることは、こんな意味がある

  1. 口のなかの食べかすや細菌を取り除く
  2. 口臭改善
  3. 味覚の改善
  4. 唾液の分泌を増やす
  5. 誤嚥性肺炎の予防

舌ケア方法

【用意するもの】
1.舌専用ブラシ
2.保潤剤

【手順】

1.舌(舌苔)を湿らせ、保潤剤を多めに塗布し、10~20秒おいて、舌苔をふやかす。

2.舌苔が柔らかくなってきたら、舌苔を少しずつ取り除くイメージで、舌の奥から手前に書き出すように動かす。

3.1ヶ所5回を目安に、舌の先から触り、徐々に奥を触るようなイメージ。

①舌先から下 → ②下の中央から下 → 下の中央より少し奥から下に向かう

【タイミング】
舌苔の付着量が多い、朝一番が、舌ケアのベストなタイミングです。

【注意しよう】
1.舌の粘膜は皮膚よりも柔らかいため、舌を磨くのは1日1回にしてください!

2.オエっとなるのを防ぐため、息を止めながら舌を出すとスムーズです。できるだけ舌を前に出して、少し下を向き、息を止めてみがく。

3.ブラシは舌の奥から手前へ、内側から外側に向けて細菌を喉の奥に行かせない!ブラシの方向は舌の根元から手前にします。

舌苔ができないようにするには?

舌苔は、健康であるからこそできるものなので、治療は必要ありません。異常な舌苔を増やさないようにするためには、以下の方法があります。

・日ごろから水分を多めに摂取する
・食べるときに噛む回数をふやす
・よくしゃべる
・朝のハミガキで、舌ブラシを使う習慣を付ける

舌ケアいろいろ

舌ブラシ

現在、様々な種類の舌磨き専用ブラシが販売されてます。普通の歯ブラシでは舌を磨くのはNG!表面を傷つけて味を感じる味蕾(みらい)を痛めます。ちなみに、味蕾は一度傷つくと再生しません。必ず専用ブラシをつかいましょう!

▼下記がおススメの舌ケア商品です

ハミガキ

こちらも、ドラッグストアなどで普通に手に入れることができます。舌の菌まで密着し、殺菌する泡ハミガキ。歯周病原因菌が多く存在する舌の上にも密着して殺菌します。

タブレット

舐めるだけで、手間いらず!寝る前の新習慣!乳酸菌を使ったものから植物成分を使ったものまで様々なものがあります。舌の上にいる菌を減少させ、口のネバツキ、特に口臭で悩んでる方にはおススメです。

まとめ

病気は口の中からと言われるように、口腔ケアって重要なんです。今回は、口の中でも『舌』に注目してみてきましたが、いやぁ、奥が深い。これだけ口腔ケア商品が増える理由も分かった気がします。それだけ、大切ってことですね。気を付けます。。

お時間です、さようなら

ABOUT ME
けるとも
けるとも
【副業と出会い脱・社畜な男】雇われ脳から覚醒リーマン社畜管理職で気付いた会社の軸のブレ加減に嫌気→何か変えたいと始めたブログがやりがい→6月13日ブログ開設→1週間4記事でアドセンス合格→考え方180度一変ゆとりある生活を手に入れるブログ→初心者でも出来るブログ運営/副業情報を発信医薬品販売員の正しい健康情報/Twitterでは謎の「おはモーニン」ツイートを毎朝お届け中!