雑記

【興育のススメ】あなたの「教育」は、「恐育」になっていませんか?正しく理解し、興味を持って「興育」してみませんか?

こんにちは、けるともです。

なさんは、「きょういく」という言葉で、一番最初に思いつく漢字は何ですか?

おそらく、ほとんどの人が「教育」、を思い浮かべたはずです。私もそうでした!笑

でも、

ホントの意味で「教育」、できていますか?実は、ほとんどの人が出来ていないのが現状です。単に、「きょういく」と言っても、たくさんあるんですね。

今回は、こんな「きょう育」してたらもう、時代遅れと言われ、誰も付いてこなくなりますよ?という話から、

これから先、求められる「きょう育」、実践してもらいたい、願望も含めてお話ししまーす。

1.そもそも、「きょういく」って何?

学校の後輩、新入社員や、部下、子育てなど、教育する場面は多々あります。

教育とは、文字通り「教えて育てる」、事を言いますね。知識や技術、その人が持ってる能力を高め、発展させるような活動です。

私も、会社員なので、たくさんの部下がいて、様々なことを教えて指導しています。

仕事の事から、社会のこと、トラブル対応、人間関係など、教えることは多岐にわたります。では、一体どのような教育が良いのかみていきます。

2.こんな「きょういく」していませんか?

あなたはの教育、こんな「きょういく」になっていませんか?

▼こんな「きょういく」していませんか?

①「育」恐怖心を植え付ける育て方

②「育」狂気(異常)な育て方

③「育」脅かして育てる

時には厳しさ、叱りも必要です。しかし、愛情を持って厳しく指導する事は問題ない

ですが、その逆はダメです。パワハラと叱る、は全くの別物ですし、

怒鳴りつけ威嚇するなど、暴言は、もってのほか!教える立場の人は、伸び伸びと自分の力が最大限に発揮できるような環境、指導を行うことが重要なんです。

だから、①~③は、部下を消極的にするだけなので、ただの自己満です。意味がないのです。

▼こんな「きょういく」していませんか?

④「育」俺の背中を見て育て!という育て方

ん?俺の背中・・・?はぁ...いつの時代ですか?

みなさーん!いまは和でもなく、成でもなく、ですよ???

今の時代、最初は手取り足取り、指導が必要なんです。

まずは、そういう環境・世の中になった事を理解しましょう。誰も付いてきませんよ?

見て覚えろ!ではなく、一緒にやって間違っていたら指導する、が、正解です。

【教えてもらう人へのお願い】

「見て覚える」ことも、積極的にやってみて下さい!接客や、トラブル、電話対応などは、実際にそのシーンを見るのが一番勉強になりますし、覚えも早いのです。なので、見ることも大事ですよー!

▼こんな「きょういく」していませんか?

⑤「育」育てたつもり。実は全く育ってない

あなたは、育てているつもりでも、結果的に全く育っていない。そう、ただの自己満。

時間だけ、ムダに浪費されます。これが続くと、「どうせ私なんか、僕なんか」と、自分で自分を見捨ててしまう最悪な結果が待っています。

抽象的ではなく、細分化して考えるくせをつけましょう。

▼こんな「きょういく」していませんか?

⑥「育」育てる事だけに一生懸命。特化型

これは、「熱心」という捉え方も出来ますが、部下が付いてこれないペースで指導しても育ちません。まずは、その人に合ったペースで指導することを心がけましょう。

成長の角度は、その人の持つ「志」によっても決まります。高い「志」を持った人には、「志」を持たない人は敵いません。

「志」、つまり、「目標」を持たせることも、教える人の役目でもあるんです。

さて、どうでしたか?みなさんの「きょういく」は、①~⑥になっていませんでしたか?

一言で、「教育」といっても、これだけあるんですね。かといって、育て方が悪いのは、その人の話し方が悪かったり、単純に伝わっていなかったりの場合も多いです。

なので、大切なことはたとえ100回指導しても出来ない場合は、101回目を指導する根気強を持つこと。

同じことを2回指導しても出来ない場合は、自分の教え方に問題がある(悪い)、と、反省し、3回目は、違う指導方法、別の角度から指導する方法を考えなければいけません。

次でも見ていきますが、一番の問題は、部下に「興味」がない上司です。

部下に関心がなく、教育、指導を行わない、コミュニケーションも取らない上司は失格ですね。人に教える資格はありません。

要は、

無視・シカトする上司は陰湿で、いじめとも受け取られる可能性もあるので、注意してくださいねー。

3.これから求められる、「きょういく」

これからの「きょういく」として、下記をあげてみました。

みなさんも参考にしてみてください。

▼これからの「きょういく」

①「育」部下に興味を持って接する

タイトルにも書いてますが、私が一番やってほしいのが、「興育」です。

無視やシカトに愛情はありません。部下の仕事の習得状況、取り組み方、話し方、協調性などにまずは、「興味」を持ってください。

興味を持つことで、いろんな事が見えてくるようになりますし、部下の信頼、「この人よく見てくれているな、うれしいな」「もっと頑張らないと」、など

信頼関係が生まれ、プラスのストロークが生まれます。もう一度いいます。

味」を持ってください。

▼これからの「きょういく」

②「育」協力や協調性を持つ

言葉の通り、協力し合い、協調性を持ちながら成長していこう、という意味です。

一人一人が協調性を持ち、同じ目的に向かい、時には助け合いながらみんなで成長していく。

ネットの世界は別かもしれませんが、お店や、会社、など、一人では出来ないものです。

互いに協力し、その過程で、一人一人が成長していくことが大切です。

「チームワーク」を、大切にしましょうという事です。

▼これからの「きょういく」

③「育」共に育つ

教える側も、教えられる側も、一緒に成長していくことが共育です。

教える側は、

知っている知識を 教えられる側に、

自分の言葉で説明や指導を行う。

これを【A】とします。そうすることで、【A】が自分の実力になっていることを実感できます。さらに、【A】は、幾多の困難を乗り越え、回数を重ねるごとに進化し続けます。

共に育つ、ということは、教える側、教えられる側、互いにとって、プラスになることを理解し、共育できる環境、指導を心がける事が大切なんです。

▼これからの「きょういく」

④「育」教えて育てる

これは、説明する必要はないと思うのでスルーしますね(笑)

4.まとめ

下記の「きょういく」に当てはまった人は、気を付けたほうがいいかもしれませんね。

▼やってはいけない「きょういく」

①「育」恐怖心を植え付ける育て方

②「育」狂気(異常)な育て方

③「育」脅かして育てる

④「育」俺の背中を見て育て!という育て方

⑤「育」育てたつもり。実は全く育ってない

⑥「育」育てる事だけに一生懸命。特化型

しかし、決してあなたが「悪い」わけではありません偉そうに言ってましたが、私も上記の教育で教わりましたし、それが当たり前と思ってました。

が、時代が違うのです。

何でも時代のせいにするのは良くないですが、世の中の流れに乗らないと誰からも信頼されませんし、付いてきません。なので、考えを見直す必要があります。

どんな時代も、「世の中の流れ」、というものがあります。昨日まで、当たり前だった事が、当たり前でなくなるのです。「昔は〇〇だった」、「昔は良い時代だったなぁ」、と嘆くだけではダメなんです。

その時点で、人生詰んでしまいますし、その考え方が、もはや世の中にマッチしてません

これが当たり前、という考え自体捨てましょう。そんなの、何の価値もありませんし、変なプライドも、負の遺産にしかなりません。

これからやってほしい事は、下記のような「きょういく」です。

▼やってほしい「きょういく」

①「育」部下に興味を持って接する

②「育」協力や協調性を持つ

③「育」共に育つ

④「育」教えて育てる

今回、一番伝えたいことは、正しい「きょういく」を理解して、何事にも、興味を持って育」するという事です。

もちろん、今回みてきた「きょう育」はほんの一例に過ぎません。これからの参考になればと思います。

お時間です、さようなら。

ABOUT ME
けるとも
けるとも
【副業と出会い脱・社畜な男】雇われ脳から覚醒リーマン社畜管理職で気付いた会社の軸のブレ加減に嫌気→何か変えたいと始めたブログがやりがい→6月13日ブログ開設→1週間4記事でアドセンス合格→考え方180度一変ゆとりある生活を手に入れるブログ→初心者でも出来るブログ運営/副業情報を発信医薬品販売員の正しい健康情報/Twitterでは謎の「おはモーニン」ツイートを毎朝お届け中!